■国内交信にも海外DX交信にも魅力あふれる6m帯、窮屈な50MHz帯の現状は....

※2011年1月27日現在の最新バンドプランは【こちら】ですのでご参照ください。
※最新版レピータリスト(PDF)の著作権はVK無線連盟・WIAに属しますのでご了承ください)
周波数 使用目的
50 - 52 MHz

TV放送局が最優先一次業務ユーザー
アマチュア局は二次業務割当

52 - 54 MHz アマチュア一次業務割当
50.000 - 50.300 狭帯域各モード (※1 ※2)
50.000 - 50.080 CW専用
50.080 - 50.100 CW専用:海外DX優先
50.100 - 50.150 CW/FSK/SSB:海外DX優先
50.110 海外DX専用呼出周波数
50.150 - 50.300 CW/FSK/SSB/SSTV:内外DXとローカル
50.200 VK国内呼出周波数
50.300 - 52.000 全モード(※2)
52.000 - 52.500 狭帯域各モード (※1)
52.000 - 52.100 CW/FSK専用
52.100 - 52.300 AM/SSB/SSTV
52.100 各音声モード呼出周波数
52.300 - 52.500 ビーコン(※3)
52.525 - 53.975 FMシンプレックス&レピータ- (※4 ※5)
52.525 FMシンプレックス海外呼出周波数
52.550 - 52.975 レピーター入力周波数
53.000 - 53.100 シンプレックス:データ通信 (BBS転送)
53.025 - 53.100 シンプレックス:データ通信 (一般)
53.125 - 53.525 シンプレックス(AM/FM/SSB/SSTV)
53.150 WICN非常通信(&訓練)用周波数
53.300 ARDF用周波数
53.500 FMシンプレックス国内呼出周波数
53.550 - 53.975 レピーター出力周波数
 
 
※1:
狭帯域モードとはCW/FSK/SSBのみを指します。50.150MHz以下は、海外DX通信のために使用されますので国内交信は避け、51.150MHz以上の周波数を国内交信に使用してください。
50.110MHzは海外DX交信の呼出専用周波数ですので居座りは厳禁。同一局との交信が長引くときには、交信が成立した時点で他のスポットへ移動して交信を続けてください。
 
※2:
50〜52MHzの一次業務ユーザーは商業TV局です。二次業務ユーザーであるすべてのアマチュア局は、チャンネル0のTV放送に妨害等を与えない状況下でのみ運用が許されています。

オーストラリア東岸地域(VK1・2・3・4・7エリア)のアマチュア局の52MHz以下の運用可能周波数は50.000MHz〜 50.300 MHzに制限されています。 この地域での、 最大上限出力は、CW/SSBが100W、FSKが30Wです。チャンネル0基地局から半径120Km以内の地域と、チャンネル0を入力もしくは出力周波数として使用するサテライト局から半径60Km以内の地域では52MHz以下の6m帯は運用できません。これは、バンドプランによる制限ではなくVK電波法による規制ですが、ライセンスには記載されていませんのでご注意ください。
 

※3:
50.300MHz〜52.000MHzまでの運用が許可されていないオーストラリア東岸地域(VK1・2・3・4・7エリア)内のビーコンに限って、海外DX優先帯域内で発信することができます。海外DX用ビーコンの推奨周波数は50.020MHz〜50.080 MHzです。DXバンド下端周辺の混雑を避けるために、推奨されているビーコン周波数は以下の通り。

 

VK1, VK2, VK3, VK4,VK7: 50.275MHz〜50.300 MHz
VK5, VK6, VK8, VK9.VK0: 50.300MHz〜50.325 MHz.

 
※4:
6m帯FMシンプレックスでのチャンネルステップは25KHzがオーストラリアの標準です。
 
※5:
6m帯FMレピーターのオフセットは-1MHzです。
Eスポ伝播による相互混信を避けるために6mレピーター周波数は全国的にコントロールされています。各州においてあらかじめ確保されている標準レピーター専用周波数は以下の通り。他の空きチャンネルの使用も可ですが、Eスポ混信を避けるために運用周波数の選定に注意してください。
 
52.650 / 53.650 : VK7
52.700 / 53.700 : VK1
52.750 / 53.750 : VK5/8
52.800 / 53.800 : VK6
52.850 / 53.850 : VK2
52.900 / 53.900 : VK3
52.950 / 53.950 : VK4