■まだまだ続く・・・ヒネクレARAのウンチク独り言

つい最近になって少しは下火になったような雰囲気ですが、「きちんとした英語を使おう!」というご意見や議論が相変わらずあちこちから聞こえてきます。私はまったくの正論だと思いますし、もちろん『正しい英語を使う』ことに関して何の異議もありません。しかし、すでに日本語化してしまったカタカナ語について云々するのは、これとは別の問題ではないか・・・と、首を傾げています。
 
例えばその昔、JARL の総会で『アワード』『アウォード』に変えるべき…とかのご意見が出たそうです。Awardアワードと発音するのは英語的にはきっと間違いですが、「アワード」はすでに日本のハム界にすっかり定着してしまった『業界内専用日本語』ではないのでしょうか?

英語が公用語の一つに指定されている元英領植民地・インドに若かりし頃に滞在していたことがありますが、なんとそこでは「アワルド」だったんですよ!。オーストラリアのハム達に可変抵抗器のことを英語のつもりでV発音の下唇を一生懸命に噛んで「ヴォリューム」と正確な発音で言ってもなかなか通じませんし、『Eスポ』・『バリコン』なんてのも…もっての外です。

日本アマチュア無線連盟『アマチュア』を、識者の皆さん方のご意見に従ってそれらしく書き換えて『日本アーマター無線連盟』じゃなんだかオマヌケだしピンときません。もともとが英語にとってさえの外来語である『Amateur』ですから本当は『アーマトゥール』?、ますます訳が判らなくなりますね。
だからと言って、 完全漢字化して『日本素人無線連盟』では、これまたカッコ悪いしねぇ・・・。

日本語のアマチュア無線は今まで通り『アマチュア無線』、VRは『ボリューム』、VCは『バリコン』、Eスポはやっぱり『Eスポ』…といった風に、慣れ親しんだ日本語としてのカタカナ語を大切にしたい…と願うのは、英語の洪水の中に溺れ、ひらがな・カタカナ・漢字などの日本語文字を心のオアシスのように感じるコトすらある英語圏の外国に永く住んでいる旧世代日本人のせいでしょうか?!
 
すでに日本語になってしまっている元外国語は日本語(外来語)として扱われるべきで、原語に忠実にカタカナ表記しようと無理するのはナンセンスだと思います。
なぜならば、外国語特有のストレスやアクセントの問題もあるからです。 例えば『インベントリー=inventory』という言葉を一般的に考えた場合、アメリカ系英語では「ンヴェントゥリー」になる場合が多いですがイギリス系英語では「インヴェントゥリー」になる場合が多いようです。
Scheduleという単語について考えてみましょう、アメリカ系ではほとんど「スデュール」、イギリス系ではたいてい「ジュール」になるという話です。

『セメント』は大多数のアメリカ人がセメントと言うから日本では「セメント」になった訳で、世界中には「ーメント」に近い発音をする英語を母国語とする人達が星の数ほど存在するし、セメントコンクリートの意味そのものが原語上は微妙に違うっていうことを『カタカナ語改訂』を提言されている皆さんはもちろんご存知ですよね?!。 『カタカナ語は、意味も発音も必ずしも外国語そのものでない⇒外国産まれの日本育ち』という認識こそが大切なのであって、永年なれ親しんでしまったカタカナ語を改めて『外国語』とみなそうとするあまり無理矢理に原語発音的なカタカナ綴りに変えようと試みるのは無駄な努力のような気がします。

 ■フリーを笑う者はフリーに泣く・・・

日本のアマチュア無線界でもフリーマーケットが流行の兆しですが、カタカナ表記でどうやって『FREE』『FLEA』の区別をつけるのでしょうか?!。何の不思議もない二つ以上の全く違った意味を併せ持つ『フリーマーケット』よ りも、きちんと正しい語源(原語)の綴りと意味と発音を認識した上での『フレアマーケット』の方が、カタカナ日本語として適切であるというマイナー意見を日本語研究者の先生から聞かされたことがあります。『アマチュア精神の炎が燃えあがるような豊富な品揃い・・・大安売り露店市場=フレアマーケット』、これもいいなぁ・・・。
 
これとは少し意味あいが違いますが、すでに『英語』ではないことを認識の上で『業界内カタカナ語』として使われる場合に限って『ペディション』はOK、純英単語として『PEDITION』を使用したり、英会話の一部として登場させることは控えるべきだというご意見も・・・。
『パソコン』とか、『テレビ』とか、平気で書いておられるのに『ペディション』というカタカナ語にだけアレルギー的反応をお示しのJAハム界一部の方々、原語だと言われる『DXpedition』などという英単語(合成語?)自体が、英語を母国語とする一般人(アマチュア/CB無線やSWL趣味などとは無縁の大多数の人達)にとっては、彼のお国の国語(英=英)辞典にも載っていない「????的業界合成造語」のひとつかもしれないってこと・・・お気づきですよねぇ?
 
アォ−ド化を主張されるみなさん、「JCC award」「ジェー シー シー アウォード」と発音すれば納得されますか?!。 どうしても「アウォード」に こだわられるんでしたら、いっそのこと「ジェィ スゥィー スゥィー」と発音されたらいかがでしょうか?。日本語として使われる場合に限って、原語が表す複数の意味をきちんと理解された上で『アワード/アウォード』をその場の会話相手と状況に併せて使い分けるのは苦痛でしょうか?。 メジャーリーグが『メイジャーリーグ』でしたら、トンネルは『タネル』、メリケン粉は『アメリカン粉』、コーヒーは 『カフィー』、ラジオは『レィディオゥ』…etc etc。

この際、21世紀を前にアメリカ英語系だけでは不公平ですから、フランス語・イタリア語・スペイン語・・・などの出身原語別にカタカナ語を徹底的に改革してしまうのもインターナショナル・ニッポンの将来のためかも。 それとも、カタカナ語は本来の発音や意味に深くとらわれずに『便利な日本語』と割り切って、自分が主に関わっている外国(地域)で一般的に話されている『原語』の正しい発音や意味の習得に励みましょうか…。さて、皆さんはどちらがお気に召されますでしょうか?
 
戦前からの歴史がある日本アマチュア無線界のカタカナ語などはまだマシな方です。
同じ綴りの英単語でも『様々な発音の英語』が自分を取り囲んでいる外国で通算20年以上も暮らし続けている私でさえ、不思議なカタカナ語の羅列に等しい日本のPC雑誌を読んでいると気分が悪くなるような気がします。日本のファッション雑誌に登場するカタカナ語に至っては文盲同然の場面も・・・。かといって、戦時中の日本のように、すべて日本語に翻訳したり新語を作られて漢字やひらがなに変えられてしまったらこんどは意味が解からずに頭痛に悩まされるんじゃないかと、Hi!
 
『ペンチウム/ペンティアム』、私にとってはどちらも同じ『Pentium』を意味する日本語に過ぎず、『カタカナで書くにはどちらが正しいか?!』なんて、考えたこともありませんし議論の対象にもなりません。どんなに微を凝らし細にこだわって原語での発音を忠実にカタカナ表記したところで、日本語を全く解しない人達が日本人専用文字で表記されるカタカナ語を読める筈もなく、現実の外国語会話に使用されたならば、ストレスの置き方一つで原語とは程遠い響きになってしまう可能性も高いのですから・・・。あなたは『箱根=HAKONE』を『ヘイーン』とか『イコン』と発音してしまう外国人をバカにして笑わないでしょ?!。海外の日本語教育現場ではローマ字を全く教えずに、いきなりひらがな五十音文字の学習からスタートするのが主流となっています。
ほんの一例ですが、オーストラリア国立大学・日本語科上級クラスの日本語試験で『コーヒー』というカタカナ語を『カフィー』と書けば『X=誤答』とみなされて減点されてしまいます。
 
アマチュア無線は、基本的には趣味・遊びの世界じゃありませんか?!
イギリス系一般オーストラリア人達の世にも不思議な英会話のみならず、ラテン系訛りの英語、ロシア訛りの英語、中国人や韓国人、ベトナム人とおぼしき英語・・・。加えて、東北訛りや関西訛り、九州訛りの日本語・・・、お空には様々なお国訛りをものともしない英語や日本語がお国紹介の楽しい話題と共に乱れ飛び交っています。
若かりし頃の サラリーマン時代、私が関西に転勤になった折り に水産物で満杯になっていた会社の冷凍倉庫で「今日は忙しいから昼飯はにぬきで済ませる」と言われてビックリ仰天!
なんと『にぬき』は、私の脳裏にヒラめいた『荷抜き』じゃなくて『茹で卵』のことでした。
 
つい先日、近所で一人暮らしをしている英国系オーストラリア人のお婆さんと世間話をしていました。 お婆さんはモゴモゴと口ごもって話すので、様々な英語に接してきたつもりの私の耳にさえ、どうしても『I have a lovely ダッチハズバンド』に聞こえるので「ダッチワイフなら日本でも一部の人たちの間で人気があるよ…」と答えたらお婆さんは涙を流して大笑い。
で・・・、震える手で紙に書いてくれたのは『Dachshund』
このお犬様、確かカタカナ語では『ダックスフント』って表記されているんでしたよね?!
 
アメリカへの隷属的立場から脱出しつつある(・・・のかなぁ?!)現在の日本国は『世界の日本!』です。 果たして、一部の識者の皆さんが主張されるアメリカ英語だけを崇拝して、日本語として慣れ親しんだカタカナ語までいちいちアメリカ流に改定するべきなのでしょうか?。
英会話力がある程度上達するまでは、自分達が日本人であることに誇りを持って、世界中に日本人の英語を定着させるくらいの心意気で頑張られてはいかがでしょう?。ボ(ヴォ)キャブラ(ルァ)リーの豊富さよりも、カッコいい言い回しや発音よりも・・・何よりも大切なのは語られる話題、そしてその人のお人柄やお空の仲間達とのお付き合いの仕方ではないのでしょうか?
 
私が生まれ育った東京の街中や、かっこ良さが命の芸能界でも、東北弁や関西弁を堂々と使う人達が多くなってきました。もちろん英文で書く英語(?)はなるべく間違えないように努力するべきですが、アマチュア無線界だけに限っても地球規模のお付き合いが増えてきた現在『話す英語は日本人発音丸出しでも恥ずかしくもなんともない』と、英語圏で人生の半分近くを過ごしていながら正しい英語をなんとか習得したいといまだに悪戦苦闘を続けるしかない自分自身を励まし続けていたいのです。

北米駐在から帰国して関西の某支店に転勤になった折には、私の東京弁がキザだと『ボなんか・・・・ちゃってぁ』などと地元生まれの友人/職場仲間達にさんざんからかわれて居たたまれなくなった末に関西弁の習得に励みました。そしてつい先日は、地元の公立小学校に通う長男(VK生まれ・VK育ち)のクラスでアメリカ東海岸から転校してきたばかりのアメリカ人児童が同じような目に遭っていたので『アメリカ人の英語を笑うんじゃない・・・お前らだって、NYに行けばクロコダイルダンディーと一緒だぜ!』と一喝したばかりです。

楽しい話題や会話よりも先に、『正しいアメリカ標準英語(?)を話そう』と緊張するあまり、萎縮したり恥ずかしがったりしてせっかくの外国人達との交流のチャンスを失わないように・・・と、自分自身に言い聞かせています。 英会話が解かるようになればなるほど、一言で『英語』と片づけられても世界中には『書けば同じ単語やフレーズでも、多種多様なストレスやアクセント・意味解釈の違いなどが存在する』ことを実感されて驚かれることでしょう。
 

ところで、コールサインの『Z』『ズィー』と発音されている日本人ハムの皆さん・・・、交信会話そのものやフォネティックコードなどの他の部分が『ズィー地域』の発音や言い回しと全く違っているとかえってカッコ悪いですよ、なんだかチグハグ・アンバランスに聞こえてね、Hi!。英会話オンチの一般日本人としてワッチしていると、時折フォネティックコードとして使われている「ズィー・ザンジバル」、確かに響きだけは『うわぁ、カッコイー!』ですけど・・・ね(笑)。

ところで、一般教養の欠落を暴露しちゃうけど『ザンジバル』って、もしも地名だとしたら交信したことがないような気がするんだけど、どこにあるんでしたっけ?。もしかして、アフリカ東岸にあって、現地人の皆さんはスワヒリ語かなんか話しているという消滅エンティティー島嶼(ex VQ1?)だったっけなぁ・・・非常にお馴染み感がある単語の割にカタカナ語としては手元にある簡単な和英辞典ではみつからないし、英単語としての正確な綴りも、ちゃんと調べなければ『ジ』の部分がよく判らん。かと言って、インターネットで検索かけるほどの興味もないしねぇ・・・。

『ジー・グァテマラ』のガテマラ局とは何局か交信した記憶があるんだけど・・・。『ピー・ポーチカル』『ポーチカル』がいったい何を意味しているのか解るまで、開局して1年もかかった私だから無理もないですけど、伝統的日本語交信(?)の中に登場するカタカナ語は特にややこしいですな。

 
▲以上、書いている本人がいったい何を言いたいのか判らなくなってきました(笑)。
四半世紀を外国で暮らしているのに何故かいつまで経っても英語達人になれない・・・要するに、英語上手日本人達へのヒガミ・劣等感・居直り・自己正当化などが心の中で混錯する『ヴィ− カイ ワン アイ アール アイ』による戯言的支離滅裂言語学エッセイでした。ああ〜、せめてこの拙文位の英文が日本語と同じようにスラスラ書けたらなぁ・・・世界や自分自身が違って見えてくるのになぁ!
 
▲前編に戻る

[真理子先生の言葉教室 1 ]  [真理子先生の言葉教室 2 ]